訪問リハビリマッサージに関するリサーチその1

さてサイト制作を担当させてもらうことになったは良いが、今回クライアントの提供する業務内容は「鍼灸、あんまを使った訪問リハビリマッサージ」というもの。自分としては今までの生活で縁がなく、業界のことを全く知らない。ということででまず初めに取り組んだのが業界の勉強。

主に参考にさせてもらったのが、こちらの本。
訪問マッサージの概要を学ぶにはとても良い1冊!
以下備忘録。
---------------------
【あはきとは?】
「あん摩」「はり」「きゅう」の頭をとってそう呼ぶ。これら3つは6世紀に中国から伝来。以来日本の医療に於いて国民に親しまれてきた。
あん摩マッサージは「おす・もむ・さする・なでる・たたく」といった手技により、体調を良くする

はりは、ツボ(経穴)に対して鍼を刺し、体調を良くする。急性の病変に用いられる。

きゅうは、ツボ(経穴)の上でもぐさを燃やし、その温熱刺激によって自然治癒力を高める。慢性的な疾患に対応。

【あん摩とマッサージ、指圧の違いは?】
あん摩・・・中国発祥。身体の中心から末端に向かって施術(ツボを刺激)
マッサージ・・・ヨーロッパ発祥で明治期に伝来。身体の末端から中心に向かって、施術。リンパを刺激
指圧・・・あん摩の中の「おす」が独自の発展を遂げたもの
【あはき師になるには?】
はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師になるには国家資格が必要

3年間専門学校へ通って国家試験を受ける。それぞれ別の試験だが、150問140問は同じ。
あはき師法により、3つともの資格が取れる学校の新規設立は認められていない。そのため3つの資格の取れる学校が人気らしい。学費は、一つ見たところでは3年間の合計が約550万。結構高い!
【類似業の比較】
鍼灸マッサージ治療院→あま師が開業。肩こり・腰痛等の慢性症治療

整骨院・接骨院→柔術整復師が開業。骨折や脱臼、捻挫、打撲といった怪我治療

整体院・カイロプラティック・リラクゼーションマッサージ→資格は無くて開業可。
---------------------
続きは次の記事にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です