子供がマイクラで快適に遊ぶためのノートPCを購入しました

我が家には小学4年生(姉)と小学1年生(弟)の2人の子供がいます。子供のためにノートパソコンを買うことにしたので、備忘録として残しておきたいと思います。

ノートパソコンの用途

メインの目的はマイクラ(マインクラフト)です。途中半年空いたりもしながら経験年数としては3年ほどでしょうか。よく僕(父)、姉、弟の3人で遊んでいます。僕はPCでやっているのですが、2人はが使っているのはタブレット(FireHD)。

動きがもっさりすることも多いし、何よりタブレットではタイピングが出来ません。これを解決するのにノートパソコンが欲しいと考えたのでした。

きっかけはまいぜんシスターズ

少し前に、下の子に頼まれて「まいぜんシスターズ」のプログラミング本を買いました。

子供へのプログラミングの敷居を低くすることを意識している、、、のかどうかは知りませんが、「まいぜんシスターズ」のマイクラ実況動画ではコマンド(プログラミング)を多用しており、観ている人に「自分もコマンドを使ってこんなのやってみたい!」と思わせてくれます。

我が家の子供も本に掲載されているスゴ技を試すべく頑張っていたのですが、如何せんタブレットは入力するのは難しいし見にくい。まあ普通に考えて厳しいですよね。入力が難しいせいで、モチベーションも下がってきていました。せっかくプログラミングへの良い導入になりそうだったのに、これはいかーんと思ったのです。

必要となるスペック

さてマイクラ用のノートパソコンですがどんなスペックが必要なのでしょうか。
CPU、メモリ、ストレージ、グラフィックボードの4つの観点から調べてみました。

CPU

「Core i7」または「Ryzen 5」がおすすめとのこと。「Core i5」でも許容範囲っぽいです。

メモリ

最低でも8GB。できれば16GBが好ましい。

ストレージ

SSDが好ましい。容量としては250GBか500GB。

グラフィックボード

マイクラって色々な遊び方が出来ますが、今回は基本は通常版(バニラ版)で、でもお試し的に影Modを使ってみたい、という感じです。もし影Modで遊ぶのであれば、オンボードグラフィック(CPUに内蔵されたグラフィックボード)とは別に専用グラフィックボードが掲載されたパソコンであることが好ましい様です。
グラフィックボードの種類としては少なくとも「GTX 1650」か「RX 570」以上が良いとのこと。

選んだモデルは3つ

さて上記のスペックに適合し、かつなるべくリーズナモデルをリサーチした結果、以下の3つが見つかりました。

  1. Dell Inspiron 15 5000
  2. Lenovo IdeaPad L340 Gaming
  3. Lenovo IdeaPad L340 Gaming(上位版)

2番目と3番目は同じ型番商品ですが、3番目はCPUがCore i7、ストレージが1TBにアップグレードしたモデルです。3つのモデルを比較すると以下の様な感じです。

ポイント Dell Inspiron 15 5000 Lenovo IdeaPad L340 Gaming Lenovo IdeaPad L340 Gaming
OS Windows 11 Windows 10 Windows 10
CPU Ryzen5 5500U Core i5-9300H Core i7-9750H
メモリ 8GB 8GB 8GB
グラボ なし GTX 1650 GTX 1650
ストレージ 256GB SSD 512GB SSD 1TB SSD
モニター 15.6インチ 15.6インチ 15.6インチ
価格 90,295円 82,942円 97,800円

選んだのはLenovo IdeaPad L340 Gaming

1番目はグラボがオンボード、3番目は今回の用途ではオーバースペックかな?ということで、2番目にしました。子供が使うということで、「3年間 Premium Care+引き取り修理」「3年間 アクシデント ダメージ プロテクション」の保証もつけたところ、しめて108,714円でした。

実機はこんな感じ

レノボのウェブサイトには発送まで3週間ほどかかると書いてありましたが、実際のところは注文から4日後に発送されていました。実機はとてもシンプルです。スッキリしていていいですね。

キーボードのブルーライトが印象的です。

5年はこれで頑張って欲しいなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です