Windows10の初期化の際にやったこと、その1(初期化&設定)

最近はパソコンを仕事でガッツリ使うという環境でもなかったので、比較的初期状態のまま使っていたWindows10。フリーランスを目指すにあたって、初めの内に環境を整えることにした。今後リカバリーが必要になった時のために備忘録として残しておく。
やったこととしては、
1:Windowsの初期化&設定
2:ソフト導入による使い勝手の改善。
今回はまず1つ目の「Windowsの初期化&設定」についてまとめたいと思う。
==================================
●PCの初期化
参考:https://www2.mouse-jp.co.jp/ssl/user_support2/sc_faq_documents.asp?FaqID=22109
まずは初期化。マウスコンピュータの場合、リカバリCDが無くても簡単に初期化が出来る様で嬉しかった。初期化の方法としては「このPCを初期状態に戻す」と「Windowsのクリーンインストールで新たに開始する」があるが、下記ページを参考に「このPCを初期状態に戻す」を選んだ。まっさらな状態で始めたかったので、「すべて削除する」を選択した。
https://itojisan.xyz/settings/14319/#PC-3
●ユーザーフォルダ名を変更
参考:https://pc-karuma.net/windows10-rename-user-folder/
フォルダ名が「kenic」と中途半端な状態になっており、どうしても気になって初期化を繰り返したが直らず。検索してみたところ、「ユーザーフォルダー名はMicrosoftアカウントの最初の5文字になる」という仕様の様だ。ここでユーザーフォルダ名を変更する方法を丁寧に解説されているサイトを発見。非常にややこしいので、参考URLの手順にきちんと従うことが重要だ。
●データファイル保存先の変更
参考:http://tanweb.net/2019/10/13/28931/
リカバリーを行う前は、PCのHDD容量が2TBありかつパーティションも分けられていたのにも関わらず、データファイルの保存先をCドライブにしていたために、容量をかなり圧迫していた。今回は同じことにならない様にデータの保存を全てDドライブにする設定を行った。
具体的には「デスクトップ」「ドキュメント」「ダウンロード」の3つだけ保存先をDドライブへ変更した。これに加えてDropboxの保存先をDドライブへ変更。データファイルは全て「デスクトップ」「ドキュメント」「ダウンロード」「Dropbox」の中に納めることにする
●必要のないシステムフォルダを非表示
参考:https://nomuinu.net/explorer-sukkiri/
上記によりシステムフォルダの中で使用するのは「デスクトップ」「ドキュメント」「ダウンロード」だけになったので、それ以外の「ミュージック」「ピクチャ」「3Dオブジェクト」「ビデオ」などの邪魔なフォルダを非表示にした。
●必要のない標準アプリを削除
参考:https://ygkb.jp/471
Microsoftの製品で使用するのはWord、Excelくらいで、標準アプリで必要なものはほぼ無い。ということで、参考サイトの「一括削除コマンド」を使って諸々削除を行った。上記で消えなかったアプリは個別でアンインストール対応した。
●Windowsの不要機能を無効化
参考:https://ygkb.jp/4444
アプリの削除に続いて、不要な機能の無効化を行った。「Windowsの機能の有効化または無効化」設定において以下2つ以外全て無効化した。
*.NET Framework 3.5 *Windows PowerShell 2.0
●その他諸々
参考:https://ygkb.jp/6551
上記URLを参考に *キーボード・マウスの設定 *スタート画面の調整 *見た目の調整
などを行った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です